ブログトップ

ひとかすみ(気ままに歩けば)

hitokasumi.exblog.jp

思うことは自由(習作)

気づけば
朝夕の冷え込みが増し
冬への入口という気配を
感じる頃となってしまいました

私は・・・と言えば
珍しく
なんとも中途半端な日々を
送っています

バドの練習は思うように出来ず
もっぱら
子どもたちと
あ~でもない
こ~でもない
格闘の毎日です

事情を書けないのですが
一言で言えば
保育請負人が
一時不足状態というところです

世は
保育園の待機児童の解決に躍起に
なっていますが、
学童も
支援員の確保を考えないと
この先
問題山積になりますよね

さて、
そんな中
私には
何重苦のひとつでもありましたが
長年利用していました
niftyさんがシステム変更のため、
意に添わないことがあり

短歌のホームページ
「ひとかすみ」が
niftyからFC2の方へ移転となりました

よろしければ

http://hitokasumi.web.fc2.com/

ご覧ください

って、結局、紹介か~い?なブログになった(笑)




# by aoauoi | 2016-11-17 23:34 | 短歌 | Comments(0)
いよいよカウントダウンなのだ!

25年以上前から
ずっと応援してきたと
思っていたSMAP

本当は
私が応援されていたんだなぁ

意地っ張りだから
口には出さないつらい時も
かなしい時も
うまくいかなくて
ひどく落ち込んだときも

SMAPのライブに行ったり
曲を聴いたり
大声で歌ったり

SMAPのお茶目なやり取りに
笑ったり

言葉に
なるほどと思わされたり

木村拓哉が好きで
たぶん
拓哉さまを見ていれば
しあわせなんて
思ってたけど

実はSMAPの木村拓哉が好きで
SMAPが好きなんだと
気づいた

本当にこんなに泣けてくるとは
自分でも思わなかった

老若男女みんなに愛されている
SMAP
ライブで一体となる感覚を作る
SMAP

あの日のライブが
最後になるなんて
考えても居なかった

さみしい
泣けてくる
いったい
これから
何を楽しみに生きよう
さみしすぎる

♪さよならと言えば
きみの傷もすこしは癒えるだろう

癒えないよ(;_;)

ベスト盤50曲
全部歌えるのに

声にならないよ(;_;)


# by aoauoi | 2016-11-03 23:19 | Comments(0)
今更だけれど、
Facebookの力はすごい!

高校時代の同級生や
大学時代の仲良しや
しばらく連絡を取り合っていなかった人たちとの
関わりが
簡単に復活!

もちろん
全てを肯定しているわけではないけれどね

SNSは上手にかかわらないと
事件も起きているし・・・・

何はともあれ
時間を経ても
学生時代をともに過ごした
仲良したちは
昨日まで一緒に居たように
すぐにあの時代に戻れるのが
すごい!

☆ああだったこうだったねと笑い合う青い時代のおもかげのまま
☆いつしかに歩みし道は異なるも笑い合いつつちからとなりぬ

# by aoauoi | 2016-11-03 14:11 | 日々の出来事から | Comments(0)
時代なんだろうか?

うまく行けば
自分が頑張ったから

うまく行かなければ
他人の力の足りなさを責める

物事を進める時
何でも自分が正しいと思い込む

何かを見つめる時
否定から入る

問題が起きたとき
まず人のせいにする

反省が得意な(笑)
私は
謝ることばかりになる

☆常識の壁はガラガラ音をたて
あらざることを必然となす

# by aoauoi | 2016-10-30 00:28 | 日々の出来事から | Comments(0)
10/22-23日の二日間開催されていた
つくばスローマーケットvol.10
というイベントに出かけた

手作りの丁寧な品々に見入り
身体に良さげなランチを食べ
ゆっくりとした時間を過ごした

娘は
ミラカレ
というアカペラ仲間だった子の
ギターの弾き語りで
ミニステージに立った

久しぶりに
たくさんのお客さんの前で歌う
生き生きとした顔が見られた

ステキな
木の一輪挿し
ネックレス
もゲット(^O^☆♪
b0366578_11543380.jpg

b0366578_11544794.jpg

# by aoauoi | 2016-10-24 11:28 | 日々の出来事から | Comments(0)

自分が関わっているものが
多過ぎる気がしている
この頃(今さら(笑))

自作短歌のホームページ
結社のホームページ
バドミントンのクラブのブログ
自作短歌や日記代わりのブログ
Facebookも自分と結社
Twitterも自分と結社

これは整理出来なくなるパターンか?

まずは
何を整理しよう?(笑)
と思う年頃(笑)
# by aoauoi | 2016-10-15 08:28 | Comments(0)
恒例になっている
アカペラを聴きに仙台へ!

伊達な街四丁目アカペラ
伊達アカは
やっぱり楽しいストリートライブです

明日は
アカスピ東北予選もあり
アカペラ三昧です

と、その予定を話したところ
なんと
短歌の仙台支社の皆さんが
お茶会を催してくださり
三越のカフェウィーンで
二時間も話に花が咲きました

懐かしい話
これからのぬはり

なかなか濃い1日になりました

☆ゆったりと流れる声音に癒されて心の凸凹ならされてゆく
# by aoauoi | 2016-10-08 23:43 | Comments(0)
今日の練習(バド)は
大江戸オープンという大きな大会で
東京体育館に出掛けているメンバーが居て
七人だけでの練習になった

いつもの基礎練・パターン・2対3・
スマッシュなしのラリー練
クリアなしのラリー練
フリーのゲーム練

休憩には
ラケット談義にもなり
どっぷり三時間

身体のあちこちが傷んでいるけれど
何とかやれるものだ
というか
左肩の周囲炎の治療を担当してくださる
リハビリの先生は神の手を持っているみたいだし(笑)
腰やひざの状態を見て下さる先生は
その道のスペシャリストらしいし
安心していうことを聴いて
試合にも戻れるようになりたい

歳を重ねるということ
経験が重なるということ

とにかくいつまでも程よく元気でいられるように
筋力保持しつつ進もう

練習が無い日のウォーキングは
nanaを聴きつつ(^^;
一時間を余裕で歩けるのだから
今のところ
心配はないかな?
すべてリハビリの先生のおかげですが・・・

♪赤黄いろ追いかけっこする落ち葉たち重ねる日々に歌は生まれる

# by aoauoi | 2016-10-05 17:50 | 日々の出来事から | Comments(0)
過日も話題にしたが、
俳句の人気は、プレバトのおかげもあって
夏井先生の絶大な人気もあいまって
若者にも広がっている。

たぶん短歌も、大学に同好会なども存在しているし、
コンクールでも、
若者が受賞しているし、
俵万智さんの登場で盛り上がったころには及ばないが、
関わろうとしている人は居る気がする。

ところが、わが結社は、会員減しかも急激な減。
一言で言ってしまえば、
入会しようという魅力に欠けるということだ。
ここで、何らかの手立てをしなければ、
毎月発行している誌のみならず、
存続自体危なくなってくる。

誌上改編の提案はもちろんだけれど、
引き継がれてきたいいところはしっかり残して、
新しい風も吹きこまなければ…・

さてさて

☆伝統の重さかなしさ 吹く風はひとところにはとどまざるもの

# by aoauoi | 2016-10-03 11:12 | 日々の出来事から | Comments(0)
☆プレバトという番組に起ち上がる俳句の魅力詩歌の魅力
☆こんなにも機微をあらわすことの葉を持ちたる我ら大和ごころに
☆やまとうたやまとことのはやまとおりやまとごころの麗しき国
☆安らげるオレンジ色に光ふる柿の実りのうた詠みて秋
☆なんぴとの説き諭さんともひとすじの思いの道を強くくわしく


# by aoauoi | 2016-09-25 11:30 | 短歌 | Comments(0)
毎週楽しみにしているのが、
浜ちゃん司会のプレバドという芸能人査定の番組。

特に、夏井先生が指導してくださる
俳句が楽しくてやめられない。
言葉を削って究極までもっていくのに
逆に映像がはっきりする一句が
最大の楽しみだ

そういえば、
夏井いつき先生は
俳句甲子園の生みの親とか・・・

今年の決勝で見た

一切は足音と風天の川

には、ざわっとする感動を覚えた。
短歌にも生かせる部分はあるものの
自分だけではなく
言葉のもつ力を
結社の人たちにも伝えたい

それには自分がもっともっと勉強を
しなければ・・・・

♪静かなることを伝える一句立つそぎ落としたる美を突きつけて

# by aoauoi | 2016-09-16 08:12 | 俳句 | Comments(0)
ついこの前のばかやろう発言は
SMAP愛をどう表現すればいいか
SMAP愛あればこそ言わねば
でしたが、
きょう9月9日25周年は
おめでとう
を言います。
SMAPおめでとう
SMAPを応援してくれている人すべてにおめでとう
そして、28年間応援し続けた自分へもおめでとう
SMAPファンクラブ歴は25周年で途切れてしまうし
これからどうなるのかわからないけれど
わたしはずっとSMAP大好きだ~

♪救われしさびしみかなしみSMAPの歌の力に強き笑顔に

# by aoauoi | 2016-09-09 13:47 | 日々の出来事から | Comments(0)
苦手包囲網
こんな言葉はあるのかな?

元来、女の人の集団が苦手
言い訳する人が苦手
疲れた、忙しいを連発する人が苦手

そもそも初めから考えていないのに、
深く考えないことにするという人が苦手

時間にルーズな人が苦手

始まってもいないのにマイナスや弱音ばかり
口にする人が苦手

ただ、
この範疇は
心の中で
また始まったよと、
シャッターが降ろせる

でも、
一番苦手なのは、
頼んでもいないし、
それほど親しくもないのに、
やさしさと勘違いした
自分勝手な論理で
あなたのために
誰かに進言したとか
こんなことをしてあげたとか
先走る人

一気に
大人として
人として
もう無理という枠に
押し込みたくなる

仕事なら耐えるしかない

でも趣味なら
切り捨てるか
自分が逃げるか

趣味がストレスだらけは
おかしいでしょ!

なんて考えながら、
若干重い自分の位置は
ある意味
ボランティアながら
趣味仕事の方に偏ってる感も否めず
σ^_^;

私自身も
自分のうだうだ感が苦手になる

完全に負の連鎖だ

☆ずぶずぶと足の抜けない負の沼に一本だけのロープ頼りに
☆落ち込みのスパイラルなんて苦笑い深紅の薔薇を逆さに吊るす
☆この薔薇がドライに命を延ばすよう変われ自分と暗示をかける


# by aoauoi | 2016-09-08 07:34 | 日々の出来事から | Comments(0)
右も左もわからない頃に誘われて
短歌結社に入会し、初めて詠んだ短歌が

ママと呼び躍るごとくに歩みくるおさなごの居て春の夕焼け

だった。
しかも、何百人か居る会員のたくさんのランクがある短歌誌
の中で、ランクを外してその月の一冊から選ばれる特選十首
に選ばれたものだ。

偶然に、以前に入会していた短歌結社の月刊誌を見つけて、
ぼんやりと眺めていて、何とも生き生きとしたいた頃の自分を
思い出した。

ここひと月ほどの落ち込みは、一生分の負をかかえたみたいだ。
好きな短歌が輝きを失い、
大好きなSMAPのわけのわからない子どもっぽい解散発表。

スケートボーイズ時代からファンで
25年のファンクラブ歴が終わってしまう(´;ω;`)
スマ担だからこそ言いたいことがある。

SMAPはもはやSMAPという個体のものでも
メンバー個々のものでもないのに
どうして気づかないのだろう。
育ての親を想うのは大事だけれど、
生みの親を想うのも大事だと思う人はなぜ少ないのだろう
生んだ会社が無ければ、
育たなかったんだよと叫びたい。
そして、育ての親が居ても、
応援してくれる多くの人や
支えてくれる多くの人がいなければ国民的などという呼ばれ方も
しなかったんだと
なぜ気づかないのだろう。
たとえ命が尽きるくらいの悩みごとがあっても
時間薬が解決してくれると
なぜ自分の心を信じられなかったんだろう

今一番傷ついているのは、
信じて応援した人
信じてじっと見守ってきた人
気づきなさいよ!
もっと大きな目で
もっと大きな心で
周りを見渡しなさいよ!

マスコミは、踊っているし、
マスコミに踊らされている人は、まことしやかに自分の思いで
不確かな心を代弁するし・・・・

おっと、声高に叫ぶ私も大馬鹿になるところだった。

平常心平常心、強くならなければ。

振り返るのは、良いこととは思わないけれど、
一度思い出してみたいと思うことはある。

自由な心で
細かな関わりを気にせず
穏やかに
明るく
前へ!

# by aoauoi | 2016-09-07 09:15 | 日々の出来事から | Comments(0)
28年分の歴史を壊してしまうくらいのことが起きたのでしょうか?
全国で応援している何百万何千万の人の思いを感じ取れなくなるくらいのことが起きたのでしょうか?

報道は
ますますSMAPを
SMAP一人一人を
壊そうとしています。
報道が
SMAPに関わる人の心も
壊そうとしています

悪い人など居ないと
信じたいのに
個々の思いや
事情が
まことしやかにながれてきます

# by aoauoi | 2016-08-29 11:12 | Comments(0)
預かりしものみな守る覚悟すもオフショアの風とどまるは無き
言い訳の言葉はひとつも持たぬゆえ壊れゆく日はじっと受け止む
弱体化した日本人やさしさと勘違い続く言葉行き交う
偉大なるSMAPもろく崩れゆく大人の事情にシラケた夏に
言の葉のうら読めぬ人がおどりだすただ耐うる人の強さを称う
水泳に柔道・体操・バドミントン五輪のリオに日の丸あまた
感動の二文字には足らぬリオ五輪あきらめぬことはただに美しき
巳の刻は活力に満つ ここからだ 負の波寄するも飛び越えてゆく



# by aoauoi | 2016-08-27 10:08 | 短歌 | Comments(0)
☆トコタコとゆく背に濡れたランドセル小さな傘に守られる子の
☆雨傘のリズムはいく度も見た景色 坂を上がって来るのは君だ
☆さんかくの傘に並んだ二つ名を解き放つには雲厚き空
☆時流る どんな想いも案外と曖昧なもの卯の花腐し
☆サイコロが一回休みのマスをさすルーティン狂う 空もむずかる
☆ぼんやりにひたるすべなどもたずしてあだごと一つ二つすており
☆味方などいなかったことが夏の罰ヒリヒリいたむ肌を冷やそう

# by aoauoi | 2016-07-30 09:11 | 短歌 | Comments(0)
紫陽花の路ゆきちがう傘かしげ

江戸風情、江戸しぐさ、粋なものですし、
表現が美しい!
こういう言葉やしぐさを大切にしたいと
思うこの頃です。
「やさしくある」ということは、本当に
難しいし、心が強くないと無理なのかも
です・・・・・・

# by aoauoi | 2016-07-06 08:17 | 俳句 | Comments(0)
☆ふりだしにもどれぬゲーム局面へ たとえのうまさは桑田佳祐
☆逆立ちにふるえる上腕二頭筋 挑戦状はあの日のわたしに
☆耳奥に不確かにのこるメロディーの蝌蚪泳がせて生きてゆくこと
☆一滴の水がやがては河となる確かめるための人生ゲーム
# by aoauoi | 2016-07-02 22:54 | Comments(0)
☆原頭にさまようアルトの歌声は待ちぼうけしたあの夏のまま
☆笑いつつ生きれば明るい星になる原チャリとばす丘陵公園
☆サイコロは一回休みのマスをさすルーティン狂う一人の土曜

添削
☆原頭にさまようアルトの待ちぼうけやくそくの夏往くいくたびも
# by aoauoi | 2016-07-02 13:40 | 短歌 | Comments(0)
日常を取り戻すためにむかう室やわらかな声の白衣に付きて

# by aoauoi | 2016-06-19 13:44 | 短歌 | Comments(0)
しつとりと雨のことばを聴くやうに四ひらは咲きぬ化身となりて
# by aoauoi | 2016-06-17 09:58 | 短歌 | Comments(0)
やはらかな時間のなかに生きゆかむ連れ合う人とよき音奏で

# by aoauoi | 2016-06-13 23:48 | 短歌 | Comments(0)
麦秋や原風景に色を差す
# by aoauoi | 2016-06-11 13:21 | 俳句 | Comments(0)
1 万歳のかたちに立てばおお海に引かれてゆくや不実な霊肉
2 努めても大人になると百点は誰もくれない 海馬は嘆く
3 一陣の風が揺すりし昨日なり 事とせずなお海図によりて

1の歌へのコメントは
「旧約聖書出埃及記14-21「モーセ手を海の上に伸ければヱホバ終夜強き東風をもて海を退かしめ
海を陸地となしたまひて水遂に分れたり」。腕を伸ばして海を分けようとしているのに逆に引潮
によって攫われてしまった。「不実な霊肉」とは人間のことか。〇〇〇〇万歳!とは叫ぶな。」
そして、他の方々の短歌に、また刺激を受けたひと月でした。
さて、推敲しよう(笑)

# by aoauoi | 2016-06-11 06:49 | Comments(0)
♪ドンガタと刻まれてゆく実感を装置のなかに横たわり聴く
♪最新の医療機器とう触れ込みも不安をあおるパーツのひとつ
♪違和感の週末拭う検査とか核磁気共鳴画像診断
♪日常を取り戻すために向かう室ほほえむ白衣のやわらかな声


# by aoauoi | 2016-06-10 17:15 | 短歌 | Comments(0)
4月に詠んで応募した短歌が
読売歌壇に掲載されました

花散らす雨のトーンでつぶやきてアルバムを繰る 明日は嫁ぐ子

# by aoauoi | 2016-06-01 19:05 | 短歌 | Comments(0)
b0366578_09042632.jpg
☆山査子の下にま白き花を愛づ嫁ぐ日まぢかの子の横顔と
☆贈られしうた日記帳の押し花よ 今はなんにも書かずに置こう

# by aoauoi | 2016-05-22 17:45 | 短歌 | Comments(0)
☆惜敗の蹴球U-23 ハレと褻のあい少しく惑う

大好きなサッカー!
特に、代表戦となれば、
何をおいても
何時にキックオフでも
しゃかりき応援!
昨夜は、私の応援は、集中力
気合いが足りなかったなぁ?!

シンクロニシティが大事!
p(^_^)q
せわしさなんか、なんのその、
次はp(^_^)q(笑)
# by aoauoi | 2016-05-22 10:05 | 短歌 | Comments(0)
b0366578_09053882.jpg
手にあれば程よき重さの備前焼き丸き肩もつ一輪ざしの

まどかにも強くも備前の一輪挿しつどう歌友ら語りて尽きぬ

岡山に集う友らの溌剌とエボリューションの波の起こりぬ

# by aoauoi | 2016-05-20 06:50 | 短歌 | Comments(0)