ブログトップ

ひとかすみ(気ままに歩けば)

hitokasumi.exblog.jp

思うことは自由(習作)

<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日常を取り戻すためにむかう室やわらかな声の白衣に付きて

by aoauoi | 2016-06-19 13:44 | 短歌 | Comments(0)
しつとりと雨のことばを聴くやうに四ひらは咲きぬ化身となりて
by aoauoi | 2016-06-17 09:58 | 短歌 | Comments(0)
やはらかな時間のなかに生きゆかむ連れ合う人とよき音奏で

by aoauoi | 2016-06-13 23:48 | 短歌 | Comments(0)
麦秋や原風景に色を差す
by aoauoi | 2016-06-11 13:21 | 俳句 | Comments(0)
1 万歳のかたちに立てばおお海に引かれてゆくや不実な霊肉
2 努めても大人になると百点は誰もくれない 海馬は嘆く
3 一陣の風が揺すりし昨日なり 事とせずなお海図によりて

1の歌へのコメントは
「旧約聖書出埃及記14-21「モーセ手を海の上に伸ければヱホバ終夜強き東風をもて海を退かしめ
海を陸地となしたまひて水遂に分れたり」。腕を伸ばして海を分けようとしているのに逆に引潮
によって攫われてしまった。「不実な霊肉」とは人間のことか。〇〇〇〇万歳!とは叫ぶな。」
そして、他の方々の短歌に、また刺激を受けたひと月でした。
さて、推敲しよう(笑)

by aoauoi | 2016-06-11 06:49 | Comments(0)
♪ドンガタと刻まれてゆく実感を装置のなかに横たわり聴く
♪最新の医療機器とう触れ込みも不安をあおるパーツのひとつ
♪違和感の週末拭う検査とか核磁気共鳴画像診断
♪日常を取り戻すために向かう室ほほえむ白衣のやわらかな声


by aoauoi | 2016-06-10 17:15 | 短歌 | Comments(0)
4月に詠んで応募した短歌が
読売歌壇に掲載されました

花散らす雨のトーンでつぶやきてアルバムを繰る 明日は嫁ぐ子

by aoauoi | 2016-06-01 19:05 | 短歌 | Comments(0)