ブログトップ

ひとかすみ(気ままに歩けば)

hitokasumi.exblog.jp

思うことは自由(習作)

<   2016年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

久しぶりに
大きな音で地鳴りが来た(o_o)
身構えて数秒後に
微妙な揺れ

どうやら震度2
体感はもう少しあった気もするが

5年前から時を経て
揺れに強くなり(変な慣れ方をし)
冷静に考える力はついた
でも、身体は怖がって
一瞬動けなくなるのも
充分経験している

熊本や周囲の人の恐怖感は
自分ごとに思える
何も出来ないけれど
買い物のたびに募金をし
テレビの情報に心寄せている

とにかく踏ん張ってください

☆体感は小さな揺れにも反応す活断層の見えぬ恐怖も
☆頑張って耐え居る人に掛けられる言葉探せず行ったり来たり
by aoauoi | 2016-04-28 23:46 | 日々の出来事から | Comments(0)
コミュ障に光など要らぬ殻に入る逃げる形に怖がり拒む
本当に大事なものがはかれずにダンゴムシなる私ができた
by aoauoi | 2016-04-28 07:22 | 短歌 | Comments(0)
☆わたしには見せない顔があることを知らせるメール 眼にする不自由
☆彼女には煙草の煙を吹きかけているかも知れぬ 知らない顔で
☆きぬぎぬに壁紙の色を語る人ひだりにたしかな寝息聴きしと
☆不実なる薔薇の花束抱きしむる予定調和の散りゆくときも
by aoauoi | 2016-04-25 23:45 | 短歌 | Comments(0)
日の本に唯一遺れる二つ塔すくいの曼荼羅まもりて建つや
by aoauoi | 2016-04-23 15:39 | 短歌 | Comments(0)
耳鳴りの続く週末背信の桃色の月は西空をゆく
by aoauoi | 2016-04-22 23:09 | 短歌 | Comments(0)
☆5年目の3.11同じ場所同じ時間にやっと向き合う
☆託児とは命を育むことなりと震災禍5年コツコツ来たり
☆5年目の保育の室にかの揺れを語るわが眼を子らは見つむる
☆防げぬと思いておればと子らは言う震災禍に強き心は育つ
by aoauoi | 2016-04-22 08:46 | 短歌 | Comments(0)
熊本の地震の映像を見るたびに、
東日本大震災で経験した時間が、
昨日のことのようにリアルに思い出される。

時間が経って、一番苦しかったことは
少しずつ薄れていたことも思い出した。

時間が苦しさを軽減してくれていたのだ。
でも、それは、経過したから言えることで、
人それぞれその時間の経過さえ、さまざま
だとも思う。

遠くから出来る支援をしつつ、
時間の経過が、苦しい人々を良い方向へ
連れて行ってくれることを祈るばかり…・

☆苦しみもかなしみもなべてうべないて耐うる人らに心を寄せて
☆よいしょっと声かけ合いて少しずつ立ち上がりゆく姿に添わん

by aoauoi | 2016-04-20 14:25 | 日々の出来事から | Comments(0)
いとしさを心に置きしがあだとなり思わぬ風がさらう花びら

花びらは木の体温から放たれてかなしき自由を生きるつかの間

by aoauoi | 2016-04-17 23:14 | 短歌 | Comments(0)
☆昨日見し風のゆらぎの花たばをふたたびは無きと今日にし想う
☆激しかる波のかたちに樹々ゆれて枝葉かかげて花をゆかしむ
☆リピートに春なつあきふゆはるが来て脱力しているあいも変わらず

by aoauoi | 2016-04-16 15:35 | 短歌 | Comments(0)
不安定な距離はいかようにもならずただただ時は駆け足にゆく
by aoauoi | 2016-04-13 11:54 | 短歌 | Comments(0)